A A

ご紹介

台湾は世界をリードする独自の卵子冷凍保存技術を有する国です。この技術によりがんを患っているものの、子どもが欲しい人や、出産計画を遅らせていたものの、やはり子供を授かりたいという人にとって朗報となっています。健康な時や若い時に卵子を保存することで、いつか生みたい日に備えることが可能になっています。

世界をリードする独自の卵子冷凍保存技術を有するだけでなく、人工授精の着床率は36.7%、出産率が35.8%に達し、米国に肩を並べ、イギリス、日本、韓国などをリードしています。また、人工授精にかかる費用は世界平均の50%と格安です。

患者様に寄り添い、行き届いた診察と評価を提供しながら、生殖補助医療技術(ART)を導入し、人工授精技術、薬物、手術などを併用して、不妊症問題の解決に取り組んでいます。また、長年にわたり、人工授精、顕微授精(ICSI)、受精卵と胚胎の冷凍保存、胚盤胞培養、生殖内分泌疾患の治療に携わり、正解各地から集まってきた多数の患者様のために力を注ぎ、海外にもその名を轟かせています。不妊に悩むご夫婦の願いが叶い、一日でも早く赤ちゃんが授かるようにお手伝いしています。