A A

ご紹介

台湾には、先進的ながん診療準則、精度の高いがん医療戦略、トータルな看護経験、新しいがんの薬物を使った豊富な治療経験があります。台湾におけるがん患者の5年生存率は73%に達し、欧米諸国の平均値である67%を上回っています。

高雄では、2018年から台湾で2番目となる陽子線治療センターの使用が始まりました。そして「ペンシルビームスキャニング照射法(Pencil beam scanning)」という技術を用いて精度の高いがん治療を行っています。

高雄の各医療機関では、各種がん手術、化学療法、分子標的治療、免疫療法、IVR治療などの一般的な放射線治療、陽子線治療やサイバーナイフを用いた定位放射線治療といった高精度な放射線治療、さらにガンマナイフ治療、画像誘導放射線治療などが行われています。高雄の各医療チームは、最強の後ろ盾となれるように全方位的ながん治療を提供し、患者様に寄り添いながら、険しい道のりを乗り越えています。