A A

ご紹介

ラジオ波焼灼療法は、安全かつ成熟した低侵襲治療方法で、通常肝臓や甲状腺、婦人科系や泌尿器科系の腫瘍の治療に導入されています。傷口が小さく出血量が少ないのが特徴で、切らない治療を望む患者様の注目を集めています。